nao club

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年5月27日  南アルプスのクモマツマキチョウ

相棒と一緒に南アルプスのクモマツマキチョウの撮影に出かけた。現地に着いて準備をしていると白馬でご一緒した神奈川のKさん、Mさんがやって来た。すぐに♂が飛び出し、神戸から来られた3人の方々と6人での撮影となった。数頭の♂は飛んでいるが花に止まる気配なし。別のポイントに移動してすぐ、隣にいた神戸のオジサマに2頭の♂が止まった。近くのオレンジは見たいし撮影するには近すぎるし、皆さん大慌てだった。

15nc556
クモマツマキチョウ  吸水

15nc557
クモマツマキチョウ  吸水

この2頭の♂はホモ達?なのか妙に仲が良く、神戸のオジサマがタイプだったのか纏わり付いていた。周辺には綺麗な花があるのに。。。。。
とにかく神戸のオジサマに感謝!

頻繁にスミレに来るようになってきた。

15nc558
クモマツマキチョウ  吸密

イワハタザオにはこの1回だけだった。

15nc559
クモマツマキチョウ  吸密

やっと♀が出たと思い追いかけると、なんと、ツマキチョウ♀だった。止まってくれないツマキチョウが撮れて嬉しくなった。前翅が尖ってなきゃクモツキ♀だな。

15nc560
ツマキチョウ  静止

同じスミレにしかこないので周りを掃除して待っているとすぐにやって来た!

15nc561
クモマツマキチョウ  吸密

2年ぶりの南アルプスのオレンジに出会えて最高の1日になった。
今日お会いした皆さま、大変お世話になりました。また何処かでお会いしましょう!


スポンサーサイト
2015年5月23日  里山のチョウたち

近くの里山に様子を見に出かけた。最初にオナガアゲハが近くに止まってくれたが向こうが川で
この角度しか撮影できない。いつもは敏感なのに、こんな時は長い時間止まっている。

15nc550
オナガアゲハ  静止

あまり期待してなかったのだが花に沢山のチョウが集まっていた。

15nc551
アサマイチモンジ  吸密

15nc552
アカタテハ  吸密

15nc553
テングチョウ  吸水

15nc554
ミスジチョウ  吸密

15nc555
クモガタヒョウモン  吸密

短時間であったが沢山のチョウに遊んでもらえた。お目当てのチョウには簡単には会えない様だ。


2015年5月20日  南アルプスの白いチョウ

蝶友さんから南ア産クモツキ出ているとの情報をいただいたので、オレンジを見に出かけた。現地に向かう途中、雲の上に浮かぶ中央アルプスが凄い迫力だったので撮って見た。

15nc545
中央アルプス

出ているのは分かっているので余裕があるのだが、あまりにも現れないので他のチョウで暇つぶしをしてみる。

15nc546
スジボソヤマキチョウ  吸密

スジグロシロチョウは遠くで見つけるとクモツキ♀かもと、一応追いかけてしまう厄介なチョウだ。

15nc547
スジグロシロチョウ  吸密

11時を過ぎてようやく本命の登場だ。

15nc548
クモマツマキチョウ  吸密

この♀はイワハタザオで吸密後産卵してくれた。

15nc549
クモマツマキチョウ  産卵

オレンジに会えなかったのは残念だが、2頭の♀に会えて久しぶりに南アルプスの三日月紋を
堪能した。


2015年5月17日  決まったケントク買い

今日は東京競馬場で第10回ヴィクトリアマイルだった。1着5番人気ストレイトガール、2着に12番人気のケイアイエレガントが逃げねばり、馬連⑤ー⑦36,880円の大穴だった。今年初の的中で会心のレースだった。若い頃から競馬の研究は熱心にしてきたのだが、どうやっても凡人の私には馬券で儲からないと悟った40歳の頃(遅すぎるわ~)、ある本を読んで「競馬の神様がサインをだしてる」という発想のもとで推理して勝ち馬を当てると。。。これが結構面白くてバカげた予想を20年間推理しているのである。



ヴィクトリアマイル出馬表

このレースのプレゼンターが俳優の藤原竜也だったので藤原厩舎のストレイトガールから万馬券流しで馬券購入したのである。こんな単純な予想でも万馬券が取れる時もあるのだ。次週のオークスもサインを読みたいものだ。


2015年5月14日  ファンキー・モンキ

近くの里山にスミナガシかゴマダラチョウをと思ったのだが目論見がはずれてしまった。帰り道ふと上を見ると黒い物が見えた。最初はクロアゲハが止まっているのかと思った。しかし、よぉ~く見ると
モンキアゲハの交尾だった。

15nc540
モンキアゲハ  交尾

15nc541
モンキアゲハ  交尾

カメラを向けられるのが嫌なのか、このカップルは何回か場所を変えてくれた。

15nc542
モンキアゲハ  交尾

15nc543
モンキアゲハ  交尾

モンキアゲハの交尾は初見である。アゲハ類には興味はないのだが、飛んでいる時に目に入る白い紋は気になるチョウではある。


2015年5月13日  春のゴマダラ

春型の白くて大きいゴマダラチョウがでている頃なので近場の神社に行ってきた。高い所を飛んでいるゴマダラがいたが撮影できる位置に止まってくれた。

15nc539
ゴマダラチョウ(春型)  静止

1箇所だけ低い位置に樹液がでているところがあったので、近くで待っていると樹液を吸いに
ゴマダラチョウがきた。

15nc534
ゴマダラチョウ(春型)  吸汁

スズメバチに追い払われて地面にとまる。スズメバチがいなくなるのを待っている様だ。

15nc535
ゴマダラチョウ(春型)  静止

スズメバチがいなくなると、すぐに樹液を吸いにやってくる。久しぶりに黄色いストローを見た。

15nc536
ゴマダラチョウ(春型)  吸汁

15nc537
ゴマダラチョウ(春型)  吸汁

エノキにまとわりついているゴマダラがいた。どうやら産卵の様だ。

15nc538
ゴマダラチョウ(春型)  産卵

もうボロがいて例年より発生が早いように思える。春型のゴマダラチョウの飛んでる姿はダイナミックで好きだ。




2015年5月6日  白馬撮影行最終日

この素晴らしい景色のもとでチョウを追いかけられる私は幸せ者だといつも痛感する。最終日に
イエローバンドに会えるのでは・・・と欲張りな妄想で頭の中がいっぱいだ。

15nc527
白馬連峰

今日も相変わらずカメラマンが多い。ようやく出てきたヒメギフを10名ほどで追いかける。

15nc528
ヒメギフチョウ  吸密

15nc529
ヒメギフチョウ  吸密

ヒメギフは数も増え活発になってきた。

15nc530
ヒメギフチョウ  吸密

陽が差し始めた林の中のカタクリの前で待っていると、ようやくギフチョウの登場だ。

15nc531
ギフチョウ  吸密

15nc532
ギフチョウ  吸密

あまりにも待たされたのでシャッターを押せた時は一緒に撮影していた若者と思わずハイタッチして
しまうほど嬉しかった。YBには会えなかったが渋滞を避ける為、11時に帰る事にした。
今回の白馬では、いつもお会いする方、久しぶりにお会いした方、初めてお会いした方と楽しい時間を過ごす事ができました。
皆さん、ありがとうございました。



2015年5月5日  白馬撮影行Ⅲ 

今日も白馬だが別の生息地で撮影する事にした。10時を過ぎて何頭か飛び始め、その中で変な飛び方をしている個体を追いかけた。なんと羽化不全のヒメギフチョウ♀だった。

15nc521
ヒメギフチョウ  静止

この地にはいないはずのヒメギフチョウで正直驚いた。
撮影してるとギフチョウ♂が絡んできて、しばらく重なっていたが交尾は成立しなかった。この生息地でもハイブリッドが見れる日が近々来るのではないだろうか?
カタクリには止まらないがヤマザクラに頻繁にくる様になってきた。

15nc522
ギフチョウ  吸密

15nc523
ギフチョウ  吸密

15nc524
ギフチョウ  吸密

カタクリの上を飛び回るギフチョウがいたので期待したが、この個体も吸い寄せられる様にヤマザクラで吸密し始めた。

15nc525
ギフチョウ  吸密

汗ダクになってギフチョウを追いかけてる私を涼しい場所で見ているネコがいた。

15nc526
冷ややかな目つきのネコ

「暑いのにヨォ~やるわー」と言われているような気がした。
私もネコの近くの木陰で吸水する事にした。




2015年5月4日  新潟県の疲れ果てたギフチョウ

予報では雨だったのに朝日に照らされた妙高山は綺麗だった。お墓参りを済ませて昼まで少し時間が
あったので近場の散策に出かけた。

15nc518
妙高山

山道を登っていると前方に弱々しく飛んで地面に降りたギフチョウが見えた。あんな派手な色のチョウなのに遠くからでは枯れ草の模様にうもれてしまい保護色になっている。周辺のタンポポ、スミレで
吸密していないか探すが見つけられない。少し先に1本だけ咲いているカタクリを見つけたので
飛び立つまでここで待つ事にした。するとヒラヒラ飛んできて狙い通りカタクリにぶら下がった。

15nc519
ギフチョウ  吸密

予想通りカタクリの吸密が始まった。競馬もこれだけ勘がよければ。。。。。
足取りも軽く先へ進むと、もう1頭飛んでいるのが見えてスミレで吸密し始めた。
吸密時間が長かったのでなんとか撮影できた。

15nc520
ギフチョウ  吸密

この先でも数頭見かけたが雨が落ちてきたので下山した。
カタクリもギフチョウもとっくに終わっていると思っていたので驚きだった。
ボロのギフチョウばかりだったが新潟産のギフチョウは初めてだったので感動した。




2015年5月3日  白馬撮影行Ⅱ 

今日は妙高市から白馬までなので随分楽である。それにしても今日も暑くなりそうだ。9時を過ぎるとギフもヒメギフも飛び始め今日は期待できそうな雰囲気になってきた。ヒメギフがスミレに来た。

15nc513
ヒメギフチョウ  吸密

この後ヒメギフは止まらなくなった。私のリュックに止まらなくてもイイのに。。。
相棒が携帯で撮影。

15nc514
ヒメギフチョウ  開翅

私達の足元にヒメギフが交わりながら地面に落ちた。交尾成立のようだ。
交尾のカップルが急に飛び上がって私の腕に止まったが、しょうがないので移動してもらう。

15nc515
ヒメギフチョウ  交尾

産卵モードに入ったヒメギフを見つける。

15nc516
ヒメギフチョウ  産卵

産卵後の吸密を期待したが短い吸密タイムだった。

15nc517
ヒメギフチョウ  吸密

スミレの吸密も終わり私も今日は帰る事にしよう。ギフが朝の1頭だけとは。。。
今年は何か変だ???



▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。