nao club

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年5月24日  貫禄のスミナガシとウツギに訪れるチョウ

林道を歩いているとスミナガシが頭上を通り過ぎて目の前の葉に止まった。この個体の他にも近くの樹液に3頭のスミナガシがきていた。1頭でも異常にテンションがあがるのに4頭も。

16nc562
スミナガシ(春型)  V字開翅

16nc563
スミナガシ(春型)・サトキマダラヒカゲ  吸汁

16nc564
スミナガシ(春型)  吸汁

16nc565
スミナガシ(春型)  吸汁

テリ張りがもの凄かった・・・

16nc566
スミナガシ(春型)  開翅

ウツギの花に集まるチョウ・・・

16nc567
ヒメウラナミジャノメ  吸蜜

16nc568
ウスバシロチョウ  吸蜜

16nc569
ヒメキマダラセセリ  吸蜜

16nc570
イチモンジチョウ  吸蜜

16nc571
サカハチチョウ(春型)  吸蜜

今日はいろんなチョウに出会えたが、やっぱりスミナガシはシブイ!

チョウの名前、花の名前が間違っていたらゴメンナサイ。


スポンサーサイト
2016年5月20日  南信のクモマツマキチョウ

現地に着くとH氏ご一向がお見えになっていた。1週間前に来た時とは違い いつクモツキが出てもイイ環境だった。ただし、太陽が顔を出したらの話だと皆さんと空を見上げて待った。10時を過ぎると雲から太陽が顔を出しクモツキも飛び出した。林道を何往復も走らされたが、同じハタザオで吸蜜するので 吸蜜時間は短いが何とか撮影できた。

16nc557
クモマツマキチョウ  吸蜜

16nc558
クモマツマキチョウ  吸蜜

この1頭の♂は3回出てくれて皆さんを楽しませてくれたが、その後何も飛ばなくなり場所を変える事にした。午後2時をすぎて 遥か遠くからこっちに向かって飛んでくるオレンジが目に入った。私は目が悪いのだがクモツキだけは認識できるようだ。谷に降りない様に祈りながら 追いかけているとスミレに止まった。


16nc559
クモマツマキチョウ  吸蜜

飛び立つが風が強くて落ちてしまう。

16nc560
クモマツマキチョウ  静止

この♂は2回出てくれて十分満足だった。帰り仕度をしていると、ボロの白いチョウが飛んできた。スジグロだと思いながらも追いかけるとクモツキ♀だった。最後に登場してくれて嬉しくなった。

16nc561
クモマツマキチョウ  吸蜜

今日お会いした皆さん、楽しいお話を聞かせていただき ありがとうございました。
また何処かでお会いできるのを楽しみにしています。


2016年5月19日  午後からはオオルリシジミ

午後からはオオルリシジミの生息地に向かった。いつかは見てみたいと思いながらも、毎年目一杯クモツキの撮影をするのでクタクタになり そんな余裕はなく ここに来るまで何年も掛かってしまった。撮影場所は狭いがチョウの数が凄い!

16nc547
オオルリシジミ  開翅

どれから撮っていいか迷うが・・・

16nc548
オオルリシジミ  求愛行動

16nc549
オオルリシジミ  求愛行動

16nc550
オオルリシジミ  V字開翅・飛翔

交尾も沢山見る事ができた。

16nc551
オオルリシジミ  交尾

交尾の後は産卵・・・

16nc552
オオルリシジミ  産卵

確かに美しいブルーだ!

16nc553
オオルリシジミ  開翅

ムラサキツメグサに・・・

16nc554
オオルリシジミ  吸蜜

もう何がなんだか・・・

16nc555
オオルリシジミ  求愛行動

16nc556
オオルリシジミ  静止

最盛期の様で この狭い生息地に もの凄い数のチョウが飛び交っているのには驚いた。
いつもチョウの数が少なくて文句を言っているのだが、贅沢な話だが数が多すぎるのも疲れる撮影になる。


2016年5月19日  北アルプスのクモマツマキチョウ再び 

前回訪れた時は、林道にも雪が残っていて何もなかったのに、10日で全く別の場所かと思うくらい花が咲き誇り、草木も新緑に輝いていた。ハタザオとスミレの場所を確認して、いつもクモツキがでてくる時刻になったので、ポイントに向かうと 上から飛んでくるオレンジが見えた。咲いているハタザオが限られていたので、待っていると予想通り止まった。

16nc541
クモマツマキチョウ  吸密

16nc542
クモマツマキチョウ  吸密

16nc543
クモマツマキチョウ  吸密

いつもはかなり走らされるのだが、この日は同じハタザオの前で待っていれば、クモツキの方からやって来た。
そのうちもう1頭♂が加わり、順番に花に訪れた。

16nc544
クモマツマキチョウ  吸密

16nc545
クモマツマキチョウ  吸密

16nc546
クモマツマキチョウ  吸密

2頭の♂で1時間30分遊ばせてもらった。♀には会えなかったが とても楽しい時間を過ごせた。
ともきりんさん、蘭丸さん、豊川のIさん、今日はお疲れ様でした。
また、何処かでお会いできるのを、楽しみにしています。

午後からは初挑戦のオオルリシジミの生息地に向かった。

To be continued


2016年5月18日  殺虫剤をまかれてTHE END(ゴマダラチョウ)   

信州遠征で なかなか行けなかった春型のゴマダラチョウを見に出かけた。まだ何頭か新鮮な個体もいるようで安心した。エノキの葉に止まったので期待したが産卵ではなかった。

16nc535
ゴマダラチョウ(春型)  吸水

新鮮な個体が樹液に・・・

16nc536
ゴマダラチョウ(春型)  吸汁

撮影していると 自転車に乗った高校生3人組がやって来て「ゴマダラチョウとオオスズメバチですか!」と話しかけてきた。

16nc537
ゴマダラチョウ(春型)  吸汁

虫好き少年達のようで、バッグからピンセットとポリケースを取り出し、あっという間に ヒラクワガタ、コクワガタを取ってきて 私に見せてくれた。

16nc538
虫好き高校生3人組

試験期間中で午前中の試験が終わってから、ここに直行したらしい。夜も大好きなゴキブリを取りに来る予定だと言う。
試験大丈夫なんやろか?

16nc539
ゴマダラチョウ(春型)  吸汁

町内会の方が2人きて「スズメバチが飛んでいて、子供を遊ばせられない!」と苦情が殺到しているので、今から殺虫剤をまきますと言われ 2本の樹液の箇所に殺虫剤がまかれ、スズメバチも近づけなくなった。

16nc540
ゴマダラチョウ(春型)  静止

このゴマダラも樹液に近づいたら死ぬだろう。他に方法がないのだろうか?
夜、ゴキブリを取りに来るのを楽しみにしていた高校生が、悲しそうに殺虫剤がまかれた場所を見ていた。
これで夜 試験勉強してくれたらイイのだが?



2016年5月16日  嬉しい預かり物

数日前、姪から今日 子供を預かって欲しいと電話があり、今朝から相棒とふたりで まだかまだかと待ちわびている。1ヶ月前にも預かっているのだが…
10時になってやって来た。


Kちゃん&カンチャン

お腹が空いている時と、眠たくなると泣き出すが それ以外はニコニコしてくれるので、メッチャ可愛いのだ。前回と比べると ずいぶん重くなった。寝顔を見ているうちに私も隣で昼寝してしまった。


2016年5月15日  今日のネコとチョウ

マイフィールドの里山の様子を見に出かけた。いつも通り過ぎるだけの牛舎のあたりで、佇んでいる二匹のネコを見つけた。写真は撮らせてくれるが、ある程度近ずくと逃げてしまう。衛生上の問題で立ち入り禁止の看板が立っているので、これ以上入れない。

16nc526
ネコ a

16nc527
ネコ b

今日のチョウ・・・

16nc528
オナガアゲハ  吸蜜

16nc529
カラスアゲハ  吸蜜

16nc530
ダイミョウセセリ  吸蜜

16nc531
モンシロチョウ  吸蜜

16nc532
クロコノマチョウ(秋型)  静止

16nc533
トラフシジミ(春型)  静止

お目当てのチョウには会えなかったが、いろいろ出てくれて楽しめた。
あのネコ達とも今度会うときは、もっと仲良くなれたらイイな~


2016年5月13日  春バテ気味(?)のオレンジ

今日はすでに発生しているとの情報を頂いていた、昨日とは別のクモツキの生息地を見に出かけた。ハタザオの状況は例年以上に良く期待が持てた。いつものポイントをウロウロするも何も飛ばず・・・
午後から上のポイントに移動すると、ハタザオの周りを飛ぶ♂を発見。しかし、岩壁の上の藪の中に入ってしまった。相棒と目が合うと間髪いれずに 「登っちゃダメだよ!」と言われた。しかし、目の前(かなり高い所だが・・)にいるのに黙って見てる訳にはいかない。「ゆっくり登るから大丈夫」といって登った。何とかたどり着いたが休止しているクモツキを探すのは至難の業だ。草木を1本ずつ見ていくと、じっとしているクモツキが目に入った。カメラを向けると翅を広げはじめた。

16nc519
クモマツマキチョウ  静止

三日月紋を見ると、しんどい思いをして登って来た甲斐があるというものだ。
この1枚を撮ったあと飛び立った。

16nc520
クモマツマキチョウ  V字開翅

ハタザオに・・・

16nc521
クモマツマキチョウ  吸蜜

気温が高いせいか吸密、休止を繰り返していた。

16nc522
クモマツマキチョウ  静止

16nc523
クモマツマキチョウ  吸蜜

16nc524
クモマツマキチョウ  静止

午前中、遊んでくれたスジグロシロチョウ

16nc525
スジグロシロチョウ  吸蜜

雲ひとつない青空なのに、こんなにも休むクモツキは不可解だった。
相変わらず この生息地は数が少なく撮影が困難な場所だ。



2016年5月12日  北から南へ (クモマツマキチョウ) 

南アルプスのクモマツマキチョウの撮影に出かけた。現地に着いて様子を見ると、ハタザオが咲き始めの様だった。もう出ている頃だと予想してきたのに、4時間経ってもクモツキは出てこなかった。
12時を過ぎるとハタザオの数もどんどん増えてきて、1時を過ぎてようやく♂が飛び出しハタザオに止まった。

16nc513
クモマツマキチョウ  吸蜜

16nc514
クモマツマキチョウ  吸蜜

スミレに・・・

16nc515
クモマツマキチョウ  吸蜜

タンポポにも・・・

16nc516
クモマツマキチョウ  吸蜜

クモマツマキチョウが出るまで遊んでくれたミヤマセセリ

16nc517
ミヤマセセリ  吸蜜

シナノコザクラが今年も可憐に咲いていた。

16nc518
シナノコザクラ

たった1頭だけだったが、キレイなオレンジに出会えてヨカッタ。



2016年5月8日  GW最終日はオレンジ

昨日の夕方 おやすみ・・と別れを告げて、今朝 おはよう・・と挨拶する迄、一晩中そこで眠っていた♀がいるよ!と教えてくれた方が居ました。

去年は見れなかった 北アルプスのクモマツマキチョウに会えた喜びの瞬間である。

16nc54
クモマツマキチョウ  静止

♀が活動しだすと♂がやって来た。

16nc55
クモマツマキチョウ  求愛行動

残念ながら交尾は成立しなかった。
1頭の♂が吸密し始めると、10数人のカメラマンが同じ様に移動する。

16nc56
クモマツマキチョウ  吸密

16nc57
クモマツマキチョウ  吸密

16nc58
クモマツマキチョウ  吸密

オオイヌノフグリにルリシジミが・・・

16nc59
ルリシジミ  吸密

動き疲れたのか休止モード・・・

16nc510
クモマツマキチョウ  静止

16nc511
クモマツマキチョウ  吸密

16nc512
クモマツマキチョウ  吸密

今日お会いした皆さん、ご一緒できて とても楽しかったです!



▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。