nao club

2017年7月21日  南アルプスのミヤマシロチョウ

ジョウザンミドリシジミの次はミヤマシロチョウの撮影。沢山咲いているヨツバヒヨドリには全く止まらないので、クガイソウの前で待っているとミヤマシロチョウがやって来た。

17nc777
ミヤマシロチョウ  吸蜜

17nc778
ミヤマシロチョウ  吸蜜

17nc779
ミヤマシロチョウ  吸蜜

17nc780
ミヤマシロチョウ  吸蜜

17nc781
ミヤマシロチョウ  飛翔

上のポイントに向かっていると採集者がネットを振っていた。岩に腰をおろして見ていると私の方に近づいてきた。その時ミヤマシロチョウが私の目の前を通り過ぎて採集者の前に。どうするか様子をうかがっていると、小走りになりネットを振りおろそうとしたので、「ミヤマシロチョウは採集禁止ですよ!」と言うと、悪びれた様子もなく「ミヤマシロチョウだと知らなかったものですから」と いい年を重ねられた年配の方が、言い訳をタラタラ言って帰って行った。

羽化不全のベニヒカゲが・・・

17nc782
ベニヒカゲ  開翅

帰り道で出会ったエルタテハ。

17nc783
エルタテハ  吸水

今日は沢山のアサギマダラに出会えた。

17nc784
アサギマダラ  吸蜜

17nc785
アサギマダラ  吸蜜

前回会えなかったミヤマシロチョウを今日は5頭見たが、採集者が野放し状態の この地のベニヒカゲ、ミヤマシロチョウ、クモマベニヒカゲ、クモマツマキチョウは絶滅が心配される。


チョウの名前、花の名前が間違っていたらゴメンナサイ。


2017年7月21日  前回会えなかったジョウザンミドリシジミ

前回、まだ発生していなかった南アルプスのミヤマシロチョウの撮影に出かけた。ミヤマシロチョウの前にジョウザンミドリシジミのポイントに着くと すでにテリ張りが始まっていた。

17nc769
ジョウザンミドリシジミ  V字開翅

17nc770
ジョウザンミドリシジミ  V字開翅

飛び立っては近くの同じヒヨドリバナの位置に戻って来る。

17nc771
ジョウザンミドリシジミ  V字開翅

17nc772
ジョウザンミドリシジミ  V字開翅

17nc773
ジョウザンミドリシジミ  開翅

17nv774
ジョウザンミドリシジミ  開翅

17nc775
ジョウザンミドリシジミ  V字開翅

17nc776
ジョウザンミドリシジミ  V字開翅

日射しが強いせいか 全開のチャンスが少なかったが、近くで卍飛翔も沢山見る事ができて とてもキレイだった。


To be continued


2017年7月20日  狙いはオオイチモンジ♀  

綺麗なオオイチモンジ♂に出会うには少し遅いが ♀なら良い時期だと思いオオイチモンジの生息地へ。数は少ないが行く先々でオオイチ♂が現れてくれた。

17nc755
オオイチモンジ  吸水

まだキレイな♂もいた。

17nc756
オオイチモンジ  吸水

ヒメシジミも沢山飛んでいて交尾も見る事ができた。

17nc757
ヒメシジミ  交尾

コムラサキが・・・

17nc758
コムラサキ  吸水

相棒がソフトクリームを食べている間にオオイチモンジを探しに行く。
コムラサキの集団吸水の中にオオイチ♂が1頭見えた。

17nc759
オオイチモンジ・コムラサキ  吸水

とても綺麗な♂だった。

17nc760
オオイチモンジ・コムラサキ  吸水

17nc761
オオイチモンジ・コムラサキ  吸水

シータテハもやって来た。

17nc762
オオイチモンジ・シータテハ(夏型)  吸水

 17nc763
オオイチモンジ  吸水

休憩していると偶然あきる野市のKさん、川崎市のMさんがお見えになり一緒にお昼ご飯を食べた。12時になったのでオオイチ♀のポイントに行くと すでにドロノキの周りをオオイチ♀が飛んでいた。山梨のTさんご夫妻もお見えになって6人での撮影となった。
なかなか下に降りて来なかった♀が目の前のドロノキの葉にとまった。
青く輝くとっても新鮮な♀が目の前に・・・

17nc764
オオイチモンジ  V字開翅

17nc765
オオイチモンジ  開翅

折角 全容が見えてヤッターと思ったのだが・・・
肝心な時にピンボケ。。。

17nc766
オオイチモンジ  開翅

17nc767
オオイチモンジ  吸水

17nc768
オオイチモンジ  V字開翅

真近で新品のオオイチモンジ♀を見る事ができてヨカッタ。

あきる野市のKさん、川崎市のMさん、山梨のTさんご夫妻、今日は大変お世話になりました。
ありがとうございました。


2017年7月17日  高山チョウ ミヤマモンキチョウ

現地に着くと年配の方が撮影されていて いろいろ教えて頂いた。ミヤマモンキチョウは沢山飛んでいるので、あとは近くにくるのを待つだけである。♂は忙しそうなので♀をターゲットに。

17nc748
ミヤマモンキチョウ  吸蜜

17nc749
ミヤマモンキチョウ  吸蜜

17nc750
ミヤマモンキチョウ  吸蜜

17nc751
ミヤマモンキチョウ  静止

ニガナで・・・

17nc752
ミヤマモンキチョウ  吸蜜

17nc753
ミヤマモンキチョウ  求愛行動

モンキチョウ♂がミヤマモンキ♀に・・・


ミヤマモンキチョウ・モンキチョウ  誤求愛行動

今日一日そんなに大変な撮影ではなかったのに このあたりから右足首がケイレンしだして歩くのがやっとの状態になった。今日は日帰りなので 何処かで風呂に入らないと・・・

今日お会いした方、大変お世話になりました。
ありがとうございました。



2017年7月17日  クロヒカゲの集団吸汁

ミヤマモンキチョウの生息地に向かう途中、二つの黒い大きな集団を発見。その周りからも 吸い寄せられるように黒いチョウが次々に集まって来る。

17nc745
クロヒカゲ  集団吸汁

よく見るとクロヒカゲが獣糞に集まってきている様だ。
この一つのグループで50頭はいるだろうか?

17nc746
クロヒカゲ  集団吸汁

人が通ると 一斉に飛び立つが すぐにまた大きな集団ができる。

17nc747
クロヒカゲ  集団吸汁

何処に行ってもチョウは少なく感じるが、クロヒカゲだけは安泰みたいだ。

To be continued


2017年7月17日  高山チョウ ミヤマシロチョウ

蝶友さんから情報を頂いたのでミヤマシロチョウの生息地に出かけた。
目的地に着くと朝霧も晴れて すぐにミヤマシロチョウが飛び出した。

17nc736
ミヤマシロチョウ  開翅

久しぶりに見る新鮮なミヤマシロチョウはとても美しい。

なかなか花には来なかったが1時間経って ようやく吸蜜タイムが始まった。

17nc737
ミヤマシロチョウ  吸蜜

17nc738
ミヤマシロチョウ  吸蜜

17nc739
ミヤマシロチョウ  吸蜜

ハクサンフウロに・・・

17nc740
ミヤマシロチョウ  吸蜜

吸水中のミヤマシロチョウ・・・

17nc741
ミヤマシロチョウ  吸水

コヒョウモンがハクサンフウロで・・・

17nc742
コヒョウモン  吸蜜

ニガナでも・・・

17nc743
コヒョウモン  吸蜜

ヒメアカタテハがシロツメクサで・・・

17nc744
ヒメアカタテハ  吸蜜

ミヤマシロチョウの♀には会えなかったが、美しい♂ばかり出会えてヨカッタ。

To be continued

2017年7月9日  エルタテハなど・・・

南アルプスのミヤマシロチョウを見に行ったが、まだ発生していなかった。
しかしエルタテハなど他のチョウ達が遊んでくれた。

17nc728
エルタテハ  静止


エルタテハ  開翅

17nc730
エルタテハ  吸水

新鮮なフタスジチョウが・・・

17nc731
フタスジチョウ  開翅

アカタテハも・・・

17nc732
アカタテハ  開翅

イワウツギにアサギマダラが・・・

17nc733
アサギマダラ  吸蜜

まだ綺麗なヒオドシチョウ・・・

17nc734
ヒオドシチョウ  吸水

この法面で30分遊んでくれた。

17nc735
ヒオドシチョウ  吸水

ミヤマシロチョウには会えなかったが いろんなチョウに出会えて楽しかった。

チョウの名前、花の名前が間違っていたらゴメンナサイ。


2017年7月8日  中信のオオムラサキ

愛知県では撮影が難しいので、今年も中信のオオムラサキ生息地に出かけた。現地に着いてすぐにミネラル補給中の♂を発見。

17nc716
オオムラサキ  吸水

ミネラル補給している周りでは数頭がテリ張りをしている。 

17nc717
オオムラサキ  開翅

17nc718
オオムラサキ  開翅

17nc719
オオムラサキ  吸水

近づいても堂々としている。

17nc720
オオムラサキ  吸水

今回は低い位置でのテリ張りだったので撮影が楽だった。

17nc721
オオムラサキ  開翅

17nc722
オオムラサキ  吸水

17nc723
オオムラサキ  開翅

トラフシジミは沢山見かけた。

17nc724
トラフシジミ(夏型)  静止

17nc725
トラフシジミ(夏型)  静止

ホシミスジが・・・

17nc726
ホシミスジ  開翅

新品のルリタテハも・・・

17nc727
ルリタテハ(夏型)  開翅

真夏日だったが 比較的涼しい場所でオオムラサキのテリ張りが見る事ができてヨカッタ。



2017年7月7日  キラキラ光り輝くアイノミドリシジミ

今日はsekiteleさんにアイノミドリシジミの撮影を案内して頂いた。現場に着くと もう7時30分から、テリ張り飛翔が始まっていた。遠くで見られた卍巴飛翔も テリ張りで止まる位置も徐々に私達の処に近づいてきた。

17nc77
アイノミドリシジミ  V字開翅

17nc78
アイノミドリシジミ  開翅

17nc79
アイノミドリシジミ  開翅

この頃から手で触れるんじゃないかと思う目の前で卍巴飛翔も見られる様になった。
キラキラ輝きながら通り過ぎる姿に ただただウットリ。

17nc710
アイノミドリシジミ  開翅


17nc711
アイノミドリシジミ  開翅

17nc712
アイノミドリシジミ  開翅

17nc713
アイノミドリシジミ  開翅

17nc714
アイノミドリシジミ  開翅

17nc715
アイノミドリシジミ  V字開翅

暑い中、「ワァーワァー」叫びながら撮影している私達に2時間30分も付き合って下さった
sekiteleさんに心より感謝します。
ありがとうございました。お陰様で夢のような時間を過ごす事ができました。


2017年7月6日  2年ぶりのクロコムラサキ

オオムラサキが出ていないか樹液の場所を調べていると、クロコムラサキがやって来た。

17nc71
クロコムラサキ  吸汁

17nc72
クロコムラサキ  吸汁

17nc73
クロコムラサキ  吸汁

夏型のルリタテハも・・・

17nc74
ルリタテハ(夏型)  吸汁

まだ春型のスミナガシも頑張っていた。

17nc75
スミナガシ(春型) ・ルリタテハ(夏型)  吸汁

17nc76
クロコムラサキ  静止

スレてはいたが2年ぶりに見たムラサキの輝きは とてもキレイだった。


▲Page top